チョークアートでぷっくりほっぺの描き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

チョークアートで似顔絵を描く時の
ぷっくりしたほっぺの描き方をレクチャーしちゃいます

 

1.肌色で顔のベースをつくる

IMG_20160816_152332

まずは、眉や口などをある程度残しつつ、ざっと肌の陰影をつけます

まだまだ人の顔とは言えないですね

2.ほっぺをオレンジで塗る

IMG_20160816_1524204

次は、お化粧のチークの要領で
オレンジを塗っちゃう ちょっと写真がわかりづらいけど
オレンジ塗ってます

けっこう大胆に入れてOK

3.さらにピンクを重ねる

IMG_20160816_1524554

ピンクを重ねて、酔っ払いチークみたいになってきました
こんな顔色で深夜フラフラ歩いてたら職務質問されそうです

そうそう、お好みで赤にしても良いですよ

このままだと立体感がないので
次へ進みましょう

 

4.白でぷっくりハイライトを入れる

さあみなさん、ここが重要です!!

IMG_20160816_1527112

ぷくーっとするには
白でほっぺ中心あたりにハイライトを入れるんです
指先に力を入れて!

ググッと、これでもかというくらいに
大げさに入れても大丈夫です

イメージ的にはアンパンマンのあのツヤ!!

IMG_20160821_1339546

そんなこんなで、顔じゅうに テカり ならぬ ツヤ を入れ
陰も入れて、メリハリをつけると

あら不思議!

エビスさまのかんせ~い

これでもう職務質問されません

皆から拝まれるエビスさまです

 

茨城県[道の駅さかい]でこのエビスさまに
お目にかかれますので
みなさん、ぜひ遊びにいってくださ~い!!!

もっと詳しく似顔絵の描き方を
知りたい方はぜひ似顔絵塾へどうぞ(^^)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

宝さがしのように、描くことの喜びを学べる教室♪

RyokoStyle 黒板アート教室は


唯一の正しい答え(描き方)をみつけるのではなく
「こんな描き方もある」「あんな描き方も!」と
描くことの喜び、そして
あなた本来の輝く感性を、ともに磨いていく教室です

芸術は、直感を育てます

 

プロとして活動したい方
趣味の方も

なりたい自分をあきらめる必要はありません♪
描くことの喜びを、宝さがしのように楽しみながら学べます

教室のご案内はこちらから

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*